観光士・観光コーディネーター情報メールマガジン
観光士・観光コーディネーター情報

観光士・観光コーディネーター資格情報

購読開始・購読解除
お名前  メールアドレス
購読開始 購読解除(購読解除の方はメールアドレスのみご記入下さい。)
メールマガジンバックナンバー


日本観光士会メルマガ 間違いやすい特産品?(日経新聞 NIKKEIプラス1 ランキング)
======================================================================
        【観光士・観光コーディネーター情報】
         http://www.jtcc.jp/
======================================================================

日本観光士会の観光士・観光コーディネーター情報は、メールマガジン購読に
お申し込みいただいた方、及び協会の検定試験受験者の方々へお送りしています。
ご不要の場合は、お手数ですが、下記から登録解除をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------


突然ですが、
大根の甘い粕漬「べったら漬け」

いつも食べている方もいるかもしれません。
では、これがどこの特産なのか、ご存知ですか?

じつは東京です。

べったら漬けは東京の特産品ですが、
粕漬は京都・奈良のもの、というイメージが強いためか、
多くの方が京都の特産と誤解しているそうです。
身近にある特産の食べものについて、意外に知られてないんですね。

そこで、日本経済新聞社は、一般社団法人日本観光文化協会と連携し、
有名な特産だけれど、どこの地域の特産なのか、
認知度をはかる調査をしました。
その結果は、日本経済新聞土曜版 NIKKEIプラス1(8月6日発行)で
「何でもランキング 観光クイズ どこの名物でしょう?」として
発表されました。

べったら漬のように、
間違って覚えている人が多かった特産品は、
他に「てっちり」や「いちご煮」、「熊野筆」などがありました。


※調査について-------------------------------------------------------
日本観光文化協会が過去の全国観光特産検定の問題から「食べ物編30問」
「観光地・特産品編30問」の計60問を選定し、日経新聞が各々15問を抽出、
7月中旬にインターネット調査会社のマイボイスコム(東京・千代田)を通じて
全国の20〜60代の男女に解いてもらい、正答率の低い順にランキング化したもの。
有効回答数は1,000人(各世代とも男女同数)。
--------------------------------------------------------------------※

さて、外国人観光客が今年2500万人にもなるだろうといわれている
今年ですが、

観光関連、特に観光特産における活動とは、
主な地域資源を融合した「モノ、コト、すべてにわたる活動」をいいます。
さらに観光特産の活動を進めるうえで特に重要なことは
「コトづくり」「場おこし」です。

地域の持つ自然や文化、伝統、歴史など、
ありのままの「景観」や「物語」などを商品としてどう形にするのか、

商品のもつ品質や機能、特徴、デザインなどの表面的なことだけではなく、
その商品の背景にある歴史的、文化的秘話=物語や、
それに係わる人々の生き方そのものを伝えていくことで、

消費者の関心を集め、その商品のファン層を構築し、
リピーターを増加させていくことが
観光コーディネーターに期待されている役割です。

観光資格を取得する過程で学ぶ「場おこし学」
についてもぜひ再確認していただければ幸いです。

----------------------------------------------------------------------
◆2016年下期 全国一斉資格試験
----------------------------------------------------------------------
 2016年11月20日(日)13時〜17時(資格により異なります)
<開催地> 東京 大阪 福岡

 受付HP→ http://www.jtcc.jp/

----------------------------------------------------------------------
◆2016年度 研修日程
----------------------------------------------------------------------

観光プランナー研修
・2016年10月16日(日)東京会場
 http://www.jtcc.jp/kankoshiho/kensyu.html

観光士研修 
・2016年10月30日(日)東京会場
 http://www.jtcc.jp/kankoshi/kankoushi_kensyu.html

観光士コーディネーター研修
・2016年9月4日(日)東京会場
・2016年12月4日(日)東京会場
 http://www.jtcc.jp/kanko_coordinator/kensyu.html
 
----------------------------------------------------------------------
◆MMリーダー研修開催「新商品開発コース」9月16日(金)
----------------------------------------------------------------------
【日時】2016年9月16日(金)14時〜17時
観光士以上の方が参加できるプログラムです。
MMリーダー研修の参加者は、MMリーダーに登録可能です。
(詳細はホームページを参照してください)

MMP実践 テーマ:「新商品開発:東の”丹波黒豆”をめざす黒大豆」

黒豆といえば「丹波の黒豆」に絶対的なブランドがありますが、本家本元・西の
“丹波種“に対して「東の”丹波種”」黒大豆を育て、商品開発している地域が
あります。
今回はMM戦略シート活用し、その黒大豆による新商品開発をめざします。

MMPリーダー研修では、限られた時間を有効に使うために、MM(マネジメント
マーケティング)戦略シートにより、 マーケティング環境・外部マクロ環境分析、
3C分析、SWOT分析、基本戦略、4P戦略へと落とし込んでゆき、最後に発表
していただきます。
 
詳細はこちら→ http://www.jtcc.jp/event/mmp.html

---------------------------------------------------------------
お問合せ先
日本観光士会 
(社)日本観光文化協会内
東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階 TEL:03-5948−6581
Eメール:info@jtcc.jp
/ホームページ:http://www.jtcc.jp/
---------------------------------------------------------------

※※※※ 購読を中止したい方へ ※※※※※
購読中止等はこちら
http://www.jtcc.jp/cgi-bin/maga/backno.cgi
アドレスの変更はこちら
http://wwwjtcc.jp/cgi-bin/maga/addchange.cgi
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.