観光士、観光コーディネーターの認定は、わが国では唯一、日本観光士会がその資格認定を行っています。

JTCC日本観光コーディネーター協会



社団法人日本販路コーディネータ協会


TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス

観光士資格とは

観光士資格
 
観光士、観光コーディネータを認定する日本観光士会は、(社)日本観光文化協会が運営しています。協会は、前身のNPO法人「eラーニング推進協会」の時代であった平成13年よりITを活用した研修事業に着手し、毎年度、プログラム研修・企業及び公的研修等の講師を認定し、現実のビジネス課題解決を重んじた各種の認定試験、講師研修育成活動に取り組んでいます。 

観光士の役割 
1.「ツアープログラム」(周遊・団体旅行のプログラムづくり)から、新たな「観光メニュー」の開発へ
観光メニュー=「観光特産」×「テーマ観光」 
2.地域の特徴ある観光資源の発掘と場おこし 
3.地域観光メニューの商品・販売・販促戦略の企画推進 
4.実行計画立案とその落とし込み、及びその実施(ロードマップ作成、具体的日程、予算管理) 

観光士の人材像
.新しい「観光メニュー」を開発・立案し、その事業規模に合わせた展開が図れる
AI、ブランド戦略の構成、あり方を理解している
●単体事業プロジェクトの収支計画の立案と管理が出来る
●発想法、問題抽出法を活用し、プロジェクトごとの企画管理が出来る
●事業のポジショニングを理解し、合意形成、協働しながらリーダーとして活動出来る

.プロジェクトで「観光メニュー化」を協働構築できる
●特産物を理解し、特産品の開発と販売戦略の立案が出来る
●地域の地域資源、観光の5資源体系を深く理解し、整理分析出来る
●観光メニューの造成と販売戦略構築、展開が図れる
●観光メニューの効果的なプレゼンテーションが行える
●地域の地域資源、観光資源の発掘、活用、保全が出来る
●顧客の販路開拓及び維持、拡大が出来る
●商品・サービスの価格設定、及び品質管理、付加価値向上が出来る
●商品・サービスのプロモーション戦略の立案と実践が出来る
●行政などの支援(補助・助成金)制度の活用が出来る


観光士の活動
http://www.jtcc.jp/kanko_joho/
   
 当会は、これまでにも地域経済の活性化に資する人材育成を目的に、各種セミナーを開催しています。 これまで10年以上の信頼と歴史のもとに、資格研修、試験制度の実績を積み上げてきました。  
 熟練した社会の実務経験ある講師でなければこうした研修の指導はできないと言っても過言ではありません。 
 当会では、数々の経験を積んだ方々を研修講師として認定しています。さらに、もう一つは、講師の専門分野です。 観光系のみならず、商業系、IT系、環境系、サービス系など、また観光サービス業、ホテル、レストラン、料飲店、流通、商社、メーカー、マスコミ等の出身者の方や、そこでの経験の実例はその研修や講義内容にも大きく影響します。   
 特に観光分野はその裾野が広く、あらゆる産業に関わる分野を持ちます。協会の認定講師は、多分野から多くの実績を積んだ人材を各研修に合わせて起用させていただいています。これまで、行政機関、公的支援団体、民間企業などから、各分野の第一線で活躍している認定講師の実践的セミナーの講師派遣依頼を受けているのが当団体の実績です。   

●観光士認定について  
 これからの観光は地域の文化、くらし、歴史、伝統、景観などをマーケティングを背景にこれを再評価し、優れた「観光商品メニューの開発」を推進する観光士が必要になっています。観光士は地域の特徴ある観光資源の発掘と場おこしを進めながらその観光商品の認知促進を図ることが重要な役割となります。  
 地域観光メニューの開発とその商品・販売・販促戦略の企画推進と実施にかかわる知識とその実行計画立案とその落とし込みが実現できる人材が求められています。 そのためには、業界のマネジメントを理解する必要性があります。協会では激変する社会情勢を捉えながら観光マネジメントとマーケティングのカリキュラムを提供し、観光士としての認定を行なっています。

 わが国では観光業界におけるマネジメントができる人材を養成することが決定的に重要です。本観光士認定は、観光業界、観光分野における企業、団体、公的機関等にお勤めの方、また就職活動を目指す学生等を対象にマネジメント人材を養成することを目標にしたカリキュラムを基に試験が行われています。

  本試験は、地域の「エリア・アイデンティティ」を構築・確立し、「地域ブランドづくり」に取り組む専門家専門家レベルの観光コーディネーターとアカデミックな分野の学術研究者及び、実務家の販路コーディネータが共同して、観光商品の有形、無形商品の枠を超えた「観光士」の人材の育成を図ることで、わが国の観光業界の発展に寄与したいと考えています。  
 なお、当協会では、観光士の上位資格として、「観光コーディネーター」を位置づけています。
 観光コーディネーターの受験をお考えの方は、まず観光士にチャレンジいただくことを推奨しています。

観光士ロゴマークの使用 
 観光士は、観光士の呼称及び、当協会のロゴマークを使用できます。観光士資格認定者が、一般の人々にもはっきりとわかるための認定マークです。このマークの使用は、観光士資格認定者に限ります。資格者以外の方は使用できません。観光士の資格認定者は、文具用品(名刺、封筒、レターヘッド、提案書など)にロゴマークを使用することができます。

※販路コーディネータは社団法人日本販路コーディネータ協会の登録商標です。
※日本観光士会のロゴマークは、無断で使用することはできません。
※本カリキュラムのマネジメントマーケティング(MMP)は、社団法人日本販路コーディネータ協会の登録商標です。
※本学科試験は、当協会の連携団体であるJSRAの文部科学省平成19年度専修学校教育重点支援プランで採択されたプログラムを一部活用しています。
※観光士のすべてのプログラムは、本協会に帰属します。


受験概要
http://www.jtcc.jp/kankoshi/

------------------------------------------------------------------------------

<お問い合わせ先>
JTCC 日本観光コーディネーター協会


Email support@jtcc.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階 
日本観光士会
(社)日本観光文化協会 

新刊情報




学校認定校制度



観光プランナー認定 
当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を 授与


資源活用と観光等の情報

 (社)日本観光文化協会と連携する(社)日本販路コーディネータ協会は、日本で唯一、プロフェッショナルのマーケティングコンサルタント「販路コーディネータ」を養成し、資格認定を行っている団体です。いままで、協会が取り組んできました国、地方公共団体様などの公的マーケティング支援事業などを展開してきた団体です。今後も、地方公共団体様、商工会議所様、商工会様、公的支援機関様などを通じまして、資源活用と観光等の企業情報、 地域情報などを入手しながら、成長が期待できる分野に積極的に取り組む観光関連の企業様や、 製品開発、地域ブランド拡充などに意欲的に取り組んでいる農産物、加工物等の生産者様等に重点的に配慮し、全国各地の47都道府県の観光産業及び食と伝統工芸品、地場産業を軸に、本事業 をさらに一歩押し進めることにしたいと考えております。


メルマガ・プレス
無料メールマガジン登録
ニュース/プレス新着情報




のご案内


食と伝統の技セミナー事例




Copyright(c)JMC. All Right Reserved.