観光士、観光コーディネーターの認定は、わが国では唯一、日本観光士会がその資格認定を行っています。



JTCC日本観光士会

(社)日本観光文化協会主催


Tourism planner



Tourism producer





Tourism coordinator

 

マネジメント
マーケティング(MM)・
コーディネーター資格


MMコーディネーターとは
MMコーディネーター資格
認定試験

 

社団法人日本販路コーディネータ協会


TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス




これまで公的支援機関などで行われた「場おこし講座」の事例を紹介します。 

日頃からまちづくりに興味がある市民の方々約 30名が参加しました。グループに分かれて、「フィールドワーク」をしてまちの魅力や課題を発見し、その後は、その結果を「テーブルワーク」でまとめて発表しました。皆さん熱心に取組まれ、白熱した意見が飛び交ったセミナーの内容をご紹介します。 

○ 講義「場おこしの考え方について」 
○ 観光特産の5資源体系について 
○ グループ分け 
○「フィールドワーク」で地域資源を発掘! 
○「テーブルワーク」で地域の魅力を評価! 
○ 実践、地域振興につなげる



「様々な視点からまちづくりに取り組んでいる講師が、場おこし、まちづくりについて学び・考え・交流する場として、講座を開催します。

「場おこし まちづくり 地域資源活用」 5時間
講師:(社)日本観光文化協会 会長 小塩 稲之 

観光特産や、地域の資源の5体系による「場おこし」の提唱者である小塩稲之の直接講義。地域資源活用を中心に社会の変化、まちづくりの3ステップ、地域資源活用と場おこし、地域発掘の意義とその問題、観光特産とは何か、「場おこしフィールドワークの対応」への対応などを講義します。

小塩稲之講師による講義

 

 「場おこし学」を活用した地域まちおこし 5時間
講師:(社)日本観光文化協会 理事 槇 一彦 

「場おこし学」を活用した地域まちおこし 〜観光特産による地域活性化〜
「場起こし・コトづくり・ヒトづくり」
「地域の生活文化」を知る観光 まち歩き観光 マイカー観光
「食べる」「買う」「体験する」「交流する」「集う」

講義 風景

講師による講義  

 

「場おこし」とはなにか モノづくり、コトづくり、場おこしの視点 5時間
講師:講師:(社)日本観光文化協会 事務局長 有限会社アクセス東京 代表取締役 北 賢治 氏

1.「観光特産」とは何かの復習 農水産商工観光連携から観光特産へ 
2.「場おこし」の具体的方法を伝授 モノづくり、コトづくり、場おこしの視点
3.自分の立場、相手の立場で考える
4.「
地域の面白いこと」を評価する

 セミナーは各講義の後、地域の今後を考えるマネジメントマーケティグ(市場の視点)の考えに基づき、グループワークによる全体の「MMワンシート企画書」なども取り入れてを完成させ、一貫した考え方の下で「皆で考える研修」を行います。

「人と人がつながることから始まるまちづくり」をテーマに参加者全員でまちづくりについて学び、
考えましょう。

北賢治講師による講義

グループ討議後の発表の様子

 

 

 

グループ討議後の発表の様子

 

スキルアップ勉強会「実践プロジェクトの進め方」 講師:小塩 稲之  5時間

 

 地域の次期リーダーや事業のリーダーなどが、課題解決のために行動を起こし、実践していく(=地域コトづくり)ための研修を行います。  

 

スキルアップ勉強会

 

 

実践プロジェクト 5時間

 「場おこし学・プラニング概論」 講師:MMP総研研究所長  大山 充 

地域のリーダーが中心となってプランニングを推進します。

 

 


「場おこし」とは

「場おこし」とは  場を掘り起こすこと(場起こし・発掘)という意味と、空間を創造し、場を振興すること(場興し・盛んにする)という2つの意味があります。

「場おこし学」とは
  場起こし(地域発掘)で始まり、場興し (地域振興)までの活動をいいます。場おこし学は、マネジメントマーケティングの考え方に基づき「市場の視点」を重んじた実践の学問のひとつです。

 「場おこし学」は地域の「エリア・アイデンティティ」を構築・確立し、地域資源を「自然景観」「生活文化」「伝統的歴史」「スポーツ」「芸術」の5つの切り口で整理し、これらを活用することが重要です。

 「場おこし学」の生まれた背景には、人々の「知的好奇心」が重要視され、「自分の中のストック化現象」が観光のライフスタイルを大きく変化させたことが挙げられます。

ー「場おこし学」の生まれた背景ー

情報化の進展により、「知的好奇心」が重要視され、「所有への欲望」(モノを持つこと)から「行動への欲求」へと変化し、「自分の中のストック化現象」が観光のライフスタイルを大きく変化させること、ここに着目したことが「場おこし学」の生まれた背景である。

さらに、地域の観光では「生活文化」=「面白いコト」に触れることが観光の重要なキーワードになっている。これに加えて、新たに「体験する」、「交流する」というキーワードが重要になってきている。  

したがって、これからの観光は「自分独自の観光」であり、「どこへ行くか」ではなく、「何しに行くか」の観光が主流になる。これにより見るだけの観光から学習体験観光が増大し、職場などの団体旅行ではなく、気のあった友人やひとりで楽しむ観光が拡大していくであろう。

(1994年4月〜11月号 総合ユニコム月間レジャー産業:小塩稲之連載コラムより抜粋)

 観光者のニーズはますます「知的好奇心」や「知的精神的快楽」追求が重要視され、観光のライフスタイルも大きく変化することになるでしょう。 
 いま、私たちの生活を取り巻く状況は一変しています。  
 これまでの企業を主体にした生産活動そのものも、大きな変革を迫られています。     

 このような時代の特徴として、いま、形のないものにお金を使う、いわば「自分の中のストック化」現象が、いろいろなところで起こっているのです。  

 さらに、地域の観光では「生活文化」、「面白いコト」に触れることが観光の重要なキーワードになっています。  

 これに加えて、新たに「体験する」、「交流する」というキーワードが重要な要素となっています。

 


JTCC日本観光コーディネーター協会


〒115−0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
MAIL info@jtcc.jp

新刊情報




学校認定校制度


観光プランナー認定 
当協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を 授与


資源活用と観光等の情報

連携する(社)日本販路コーディネータ協会は、日本で唯一、プロフェッショナルのマーケティングコンサルタント「販路コーディネータ」を養成し、資格認定を行っている団体です。いままで、協会が取り組んできました国、地方公共団体様などの公的マーケティング支援事業などを展開してきた団体です。今後も、地方公共団体様、商工会議所様、商工会様、公的支援機関様などを通じまして、資源活用と観光等の企業情報、 地域情報などを入手しながら、成長が期待できる分野に積極的に取り組む観光関連の企業様や、 製品開発、地域ブランド拡充などに意欲的に取り組んでいる農産物、加工物等の生産者様等に重点的に配慮し、全国各地の47都道府県の観光産業及び食と伝統工芸品、地場産業を軸に、本事業 をさらに一歩押し進めることにしたいと考えております。



メルマガ・プレス
無料メールマガジン登録
ニュース/プレス新着情報




のご案内


食と伝統の技セミナー事例




Copyright(c)JMC. All Right Reserved.